アラタニウラノ 梅津庸一

アラタニウラノ 梅津庸一

2015年12月26日まで開催中のアラタニウラノ 梅津庸一新作展

 

彼の作品を知ったのは、アラタニウラノがまだ新富町にあった時ですので、かなり前の事になります。
um.JPG

 

毎回彼の個展の様子は断片的に何かの記事で把握しております。

 

今回は時間の都合で直接は見に行けないのですが、ギャラリーのプレスリリースには目を通しました。

 

 

 

12月11日には美術評論家の椹木野衣氏を招いてトークイベントをしてますし、今回は立派なカタログも出版されていますし、アラタニウラノが力をいれて売り込もうとしている作家の一人であることには間違いないようですので、機会のある方は是非足をお運びください。

 

 

 

なお、このギャラリーでの取り扱い作家は将来期待できそうな(すでにある程度のの知名度のある)作家が多いですよ。

 

現在箱根の彫刻の森美術館で展覧会をしている淺井裕介や小西紀行、小西 真奈、 高嶺格、横山裕一などは要チェックですね。

 

 

そういえば加藤泉は取り扱い作家に入っていないようだが??

 

加藤に関しては面白い記事を発見しましたので紹介します。

 

 

この記事中にもあるアラタニウラノでの個展。すでにそれなりの価格になっていたので私は買えませんでしたが、もう少し前であればたしか大きな作品でも100万しなかったように記憶しています。

 

アラタニウラノ.JPG
写真は新富町時代のアラタニウラノ