美術手帳 リニューアル

美術手帳 リニューアル

創刊60周年記念で美術手帳が全面リニューアル。
リニューアル第1弾は会田誠
0805+.jpg
なんかエコバッグの付録までついて、近くの本屋には20冊も平積みしてました。1800円もするこんなマイナー雑誌がそんなに売れるのか心配ですが。
でも、先月号もここには10冊くらいあったのが、最後にはなくなってましたから結構人気あるんですね。

 

 

リニューアル新装刊にあたって編集部のコメントは

 

現在、国際的に活躍する日本人アーティストも増え、アートの状況は大きく変化してきています。今後、アートは社会と密接にかかわりながら、さらに大きな役割を担っていくでしょう。
今回のリニューアルでは、これまで通り「アートの今」を特集で紹介していくとともに、「日本、そして世界を動かすアートとは何か?」を探るために、レビュー、ニュースなど、全編を通して刷新しました。

 

 

とのことですが、いままでもそうしてきたし、今回の中身もそうなんですがね(笑)

 

たしかに、アートがぐっと身近になって社会に受け入れられてきています。
まるで、20年前のNYのアートシーンのように。
今回、会田誠で新装刊するということは、今までのように頭でっかちのお芸術中心の企画から変更するということなのでしょうか?

 

最近はそうでもありませんが、確かに一時期頭でっかちの芸術ばかりの企画の時期もありましたがね。

 

でも確かに今回の企画は充実してたとおもいます。楽しめました。
会田さんの冒頭のエッセイを除いてはね(笑)

 

しかし、今月は展覧会がてんこ盛りだ、充実してますね。

 

おまけに何年かぶりに世田谷美術館にまで行かなくちゃ。。