ボッティチェリ展

ボッティチェリ展

東京都美術館にて、2016年1月16日(土)より始まるボッティチェリ展。

 

ボッティチェリといえば代表作は「ヴィーナスの誕生」と「春(プリマヴェーラ」がすぐに思い浮かびますが、まさかこの二点は日本に来ることは無いでしょうから・・・。
rrrrr.JPGヴィーナスの誕生

 

 

mmmmm.JPG春(プリマヴェーラ

 

 

 

 

今回の見どころはなんでしょうね?

 

ボッティチェリはフィリッポ・リッピの工房で修業を積み、生涯のほとん土をフィレンツェで過ごしています。

 

今回の展覧会にはその師であるフィリッポ・リッピの作品も展示されるようですので、楽しみデスね。

 

ちなみにフィリッポ・リッピといえば、この作品を思い浮かべるのは私だけでは無いと思いますが、この優雅で気品の漂う作品。流石にボッティチェリのお師匠さん。
kkkkkjkkj.JPG「聖母子と二天使」

 

 

実はこの絵には、さまざまなスキャンダルが隠されているのですがそれはまた別の機会に・・。
もちろんこの作品も来日はしないと思います。

 

 

ボッティチェリの作品に話を戻します。
ワタシ的には今回の目玉はずばり、この2点。

 

fff.JPG
《聖母子(書物の聖母)》
1482-83年頃 テンペラ、板

 

 

gggg.JPG
《美しきシモネッタの肖像》
1480-85年頃 テンペラ、板