ろくでなし子 初公判

ろくでなし子 初公判

わいせつ物陳列などの罪に問われた漫画家の五十嵐恵被告(43)=ペンネーム・ろくでなし子=の初公判が15日、東京地裁で行われ被告は無罪を主張した。

 

裁判では、女性器をかたどった「作品」などがわいせつ物と言えるのかどうかが争点だ。

被告は「私のアート作品はわいせつではありません」と述べ、検察側と真っ向から対立した。

 

 

と朝日新聞は伝えているが
http://www.asahi.com/articles/ASH4F7QG4H4FUTIL046.html

 

 

 

これって、そもそも製作資金を集めるために(女性器を象ったボートを制作する「マンボート」プロジェクト)、
ウ-ェブサイトで出資を募り、
3000円以上の出資があった人には見返りとして自身の女性-器の3Dデータをダウンロードさせていた。

 

これがわいせつ物の頒布にあたる。

 

ということではなかったんですか?

 

いつの間に争点がずれたんでしょうか?

 

それとも朝日新聞の勝手な解釈なんでしょうか?

 

 

 

女性器がわいせつか否か?
ということなら、

 

最高裁は過去の判例で、@いたずらに性欲を刺激しA性的羞恥(しゅうち)心を害しB性的道義観念に反する、との3要件をわいせつ性の条件として定義する。

 

 

とあるので、わいせつじゃないと結論が出るでしょうが、裁判所にそこまで踏み込む権利があるのかどうかも疑わしい。

 

女性-器の3Dデータをダウンロードして販売していたことに関しては、過去の判例から有罪になるでしょうし。

 

ただ、最近の3Dプリンターの問題もあるので、過去の判例にはとらわれないかもしれませんが・・・

 

ro.JPG

 

いずれにしても正しい情報源から追っていかないと、争点がずれてきますね。