アートは心のためにある 森村泰昌アーティストトーク

アートは心のためにある 森村泰昌アーティストトーク

六本木森美術館で開催中のUBSアートコレクション「アートは心のためにある」展を見てきた。

http://www.mori.art.museum/contents/art/exhibition/index.html

 

 

企業のブランディングのために最近はアート作品を収集する企業がふえてます。

経済のグローバル化の中で企業価値を高め生き残って行くためにもアートの果たす役割はますます高くなっていくことでしょう。

そんな中で積極的に現代アート作品を収集してる世界的な金融会社のUSBグループの現代美術コレクションを展示した展覧会です。

 

 

こんな作品に囲まれて仕事ができる社員は幸せです。

 

 

でも、この展覧会は一応三つのテーマに沿って作品を展示しているのですが、今ひとつ展覧会としてのインパクトに欠けます。

キュレーターの作品としての展覧会に慣れてしまった目には、ただ展示してるようにしか受け取れません。

もちろん各々の作品はそれなりに力を持ち良いのですが。しかも無料の音声ガイドもあるのですが。

 

 

で、本当の目的は森村泰昌先生のアーティストトークなのでまぁ、仕方ないかと。

一時間半、森村氏が一人でしゃべりっぱなし。

テーマは展覧会にあわせて

「芸術のココロはどこにある?人間のココロはどこにあ る?」

ということです。

 

 

生きて行く上できっても切り離せない「お金とココロ」の話を3人を例に出しながら話してました。

アーティストが作品を作るのにお金が必要です。それは今も昔も変わりません。

宮廷画家のフランシスコ・デ・ゴヤの「カルロス4世の家族の肖像」の背景などを詳細に説明しながら画家のココロを説明する森村氏でした。

スポンサーであるカルロス4世、実質的な権力者であるその妻を怒らせないような駆け引きの中で、一見普通の宮廷肖像画にみえるこの絵も、仔細にみると、いかにも暗愚そうなカルロス4世の風貌や、狡猾で底意地の悪そうな夫人の表情などには、ゴヤの精一杯の風刺が盛り込まれてます。

なおかつ、この絵には15人目の人間も描かれており、それは夫人の不倫相手であることなども。

 

 

この話を3例目に持ってくるまで、堀江貴文氏と浅田真央選手の話をする構成なんかも、今思えばかなりうまいもんだと思います。

なかなか氏の作品同様考えさせられるトークショーでした。

 

 

ちなみにインドでは[お金はアートだ]といわれてるようです。

うなづける。