アートで旅するパリの休日

アートで旅するパリの休日

TITLE 4月号はアート特集でしかもパリを紹介しています。

 

パリといえば、普通この手のものでは「ルーブル美術館」を詳細に紹介して保存版にして売上を稼ごうとするのですが、この特集は一風かわってます。

 

ルーブルから路地裏まで今のパリを観光者になって歩いてみるような視点で紹介されてます。
lrg_10370000[1].jpeg
もっとも一般の観光者でこういう視点では見れませんが(笑)

 

なかなかパリまで実際に行くのは難しいですから、パリに一ヶ月くらい住んだ気持ちになってこの雑誌を眺めるのも乙なものかもしれません。

 

 

もっとも、同じ切り口で「東京版」も作れるのですが。

 

どなたか挑戦してみますか?

 

TITLe (タイトル) 2008年 04月号 [雑誌]

TITLe (タイトル) 2008年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/02/26
  • メディア: 雑誌