日本のオークション事情

日本のオークション事情

あるサイトで面白い記事を見つけたのでご紹介します。
http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2007/06/日本のオークション事情.html

 

日本におけるアートのトレンドとしては、ほとんどがニューヨークに10年遅れてやってきているといえるだろう。とい言葉で始まるこの記事。まさにそのくらいは遅れてる日本ですが、それでも去年暮れに行われたシンワアートオークションなどはほとんど落札されたようで、今ちょっとしたアートバブルになってます。

 

インターネットの普及する20年前は、日経アートなどの雑誌で、クリスティーズやサザビーズくらいしか一般にはなじみがなかったのですが、ずいぶん状況は様変わりしました。
サザビーズオークション http://www.sothebys.com/
クリスティーズオークション http://www.christies.com/home_page/home_page.asp

 

奇しくも今月号の美術手帳は「いま、アートを買うということ」というテーマで特集を組んでいます。
0803.jpg
買ってみようかなと思ってるうちに3週間が経ってしまいました。

 

数万円からでも若い作家の作品なら買えますのでいいと思います。
でもあっという間に手の届かない価格になってしまうのも事実です。
アートの青田買いは既に始まってますが、あくまでも投機目的で買わないことをお勧めします。

 

 

ちなみにインターネットで調べた美術手帳の目次に
嵐の大野智くんのことが載ってるのですが、先月表参道ヒルズでの個展は大盛況で連日整理券がないと会場にも入れない状態だったようですが、いかがなもんかと。
この展覧会は興味があったので見たかったのですが、結局見れませんでした。
初日に表参道を通ったときには長蛇の列ができており、連日あんな状態だったのでしょうかね?
さすがアイドルの力はすごい。
アート会のアイドルくらいでは敵いませんね。