NEW TOKYO CONTEMPORARIES

NEW TOKYO CONTEMPORARIES

本日より東京駅前の新丸の内ビル7Fにて期間限定のアートイベント「ニュートーキョーコンテンポラリーズ」が開催されます。4/6までです。
丸の内アートウィークの一環として開催されるこのイベントは7Fのレストランスペース(marunouchi)HOUSEにて、次世代とされる現代美術のギャラリー7軒が共同でキュレイションした展覧会で、ゲストを迎えてのトークやパフォーマンスも企画しています。

 

各ギャラリーは30代の若いギャラリストによって運営され、扱う作家も同世代であるため、自分たちがいま非常に刺激的な状況にいることを強く感じているようです。
前の世代のギャラリーが築いた成功にのっかるだけでなく、より気軽にアート作品に触れ、購入することができるようなモデルを共同で作り上げていこうと訴えてます。
http://www.newtokyocontemporaries.com/index.html

 

その試みどおり、7Fのレストランスペースに風景の一部として溶け込むかのように作品が展示されています。
border="0" align="" alt="IMG_5322.JPG" />
エスカレータの両脇のスペースに展示されている小西紀行http://www.arataniurano.com/artists/konishi_toshiyuki/の作品です。
でも、こんな場所では見にくい。
IMG_5327.JPG
IMG_5331.JPG
ほかにも色々展示に少し無理があるのかと思えるものもありますが、この試みが良いか、悪いかも含めて、
アートの可能性を探るべく長い「トンネル」に足を踏み入れようということで、「end of the tunnel」
と言う展覧会名になってます。

 

 

たしかに刺激的な時代になってる。。。
とりあえずこれだと言う作品は見当たりませんでしたが。
アラタニウラノの作家たちは気になりました。