CCGA現代グラフィックアートセンター

CCGA現代グラフィックアートセンター

福島県須賀川にあるCCGA現代グラフィックアートセンターにドライブを兼ねていってきました。
1年に2回ほど行くんですが、我が家から往復500Kmの距離はドライブにちょうどいいですね。

 

この美術館は大日本印刷が運営しており、世界的に有名なケネス・タイラーの版画工房で作り出された作品を多数所蔵しています。

 

タイラーグラフィックス・アーカイヴコレクションは、1960年代から美術史に残る版画作品を数多く生み出してきた刷り師ケネス・タイラーによって、1974年ニューヨークに設立された版画工房タイラーグラフィックス社の750点以上の作品と数々の資料で構成され、アメリカのミネアポリスにあるウォーカー・アート・センターと、日本ではここCCGAに収蔵されています。

 

コレクションの主な作家は以下のような世界のトップアーティスト達です。
フランク・ステラ、デイヴィッド・ホックニー、ロイ・リキテンスタイン、ジョセフ・アルバース、ロバート・マザウェル、ヘレン・フランケンサーラー、ジェームズ・ローゼンクイスト、エルズワース・ケリー、ジョアン・ミッチェル、アンソニー・カロ、ケネス・ノーランド、デイヴィッド・サーレ、ナンシー・グレイヴスなど

 

まれに、面白い企画展も行われるのですが、普段はテーマを設定してタイラーグラフィックス・アーカイヴコレクションの展示が多いです。

 

版画を新しい表現として革新的な作品を作り上げるさまは、ただのプリンターという事にとどまらず、作家並みの表現者ととらえても良いような気がします。

 

今回、リキティンシュタインの版画作品で金属箔を貼付けた作品を初めて見ましたが、すごいですね。

 

ここにある作品は、アートとしても商品としてもお金を払う価値のあるものばかりです。
これだけの技術を見せつけられてしまうと、多少値段が高くても納得してしまいそうです。
IMG_5700.JPG