小山登美夫ギャラリーの目

小山登美夫ギャラリーの目

以前初台のオペラシティーギャラリーでみて好感をもった長井朋子の個展が、小山登美夫ギャラリーで開催されてます。
http://www.tomiokoyamagallery.com/
期待していったのですが、以前ほどの感動もなく、へんに少女趣味的な部分ばかりが目に付いて[あれ?]
と思いました。
2_1[1].jpg
商業的には成功した小山登美夫ギャラリー。
日本のアート界にとってなくてはならないギャラリーだと思います。
でも、漠然と不安が・・・
こんな作家ばかりだとちょっと違うんじゃないかと。
長井朋子も期待していただけにちょっとショックでした。

 

 

ちなみにこの前に訪れた東京都現代美術館で開催中の「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」展
http://www.neo-tro.com/
これは見る価値もありませんでした。
併設の森山と常設でなんとか入場料の一部を取り戻した感じです。
MOTしっかりしてください!