死ぬまで芸術やりますか?

死ぬまで芸術やりますか?

久しぶりに美術手帖を買いました。
現在村上隆の作品がベルサイユ宮殿で展示されてるので大々的に特集が組まれています。
この展覧会はバロック建築の殿堂ベルサイユ宮殿美術館において現代美術を展示する画期的な企画で2008年から毎年1人のアーティストに限って展覧会をやってます。
その第一回目はあのジェフ・クーンズでした。
雑誌で紹介されてる写真を見る限り、すべての作品がこの宮殿にマッチしており、ものすごいインパクトです。
クーンズ展よりもなおインパクトがあり、大成功といえると思います。
これほど日本的なアニマチックな作品がこの場所に合うとは思えませんでしたが、凄い宇宙を作っています。
まさに歴史に残る展覧会だと思いますし、美術史に燦然と村上隆の名が残ることを決定づけたようなものです。
しかも企画が持ち上がったのは2年前、世界経済がクラッシュした中でよく今回の開催までこぎつけたものです。

 

特に「tongari-kun」などはホワイトキューブのギャラリーで見るよりも存在感があります。
2010_8_MurakamiVersailles.jpg

 

またこの特集では村上の工房の紹介や村上自身のアートの世界戦略、システムなども紹介しており、まさに「アートの総合商社」として世界に与える影響力などを再認識させられる特集になっております。

 

表紙は村上自身が浮浪者に扮して愛犬のポムを抱き上げて正面を見据えてる写真です。
その頭上には「死ぬまで芸術やりますか?」
毎年、億という単位の赤字を出してまで開催している「GEISAI」
決して楽でない時代からスタッフを雇って組織的に運営してきた事業が、まさに今身を結ぼうとしております。
いまはアニメの制作に取りかかろうとしているようです。
ただアニメに関してはおもしろいのが作れるのか若干の不安はありますが、まだまだ先が楽しみです。
将来は東証あたりに上場して世界初のアート工房になったりして・・・

 

たぶんリスクをとっても彼は死ぬまで芸術やると思います。
万が一事業が失敗してもすべてをなくしてもやりたいことをやる覚悟はできてると思います。
その決意が今回の表紙になったのではないかと思われますね。

 

 

美術手帖2010年11月号

美術手帖2010年11月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 美術出版社
  • 発売日: 2010/10/18
  • メディア: 雑誌