エドワード・ホッパー(Edward Hopper)

エドワード・ホッパー(Edward Hopper)

エドワード・ホッパー(Edward Hopper, 1882年7月22日 -1967年5月15日)は、20世紀のアメリカの画家。
20世紀アメリカの具象絵画を代表する1人。彼の描きだす風景や人々は、ありふれたものでありながら、孤独の影とそれぞれのドラマに充ちている。
一般的なアメリカ人はアンドリュー・ワイエスもそうですが、本当に素朴な具象絵画が好きです。そこは日本人も同じですね(笑)私も好きです。
また、マーク・コスタビやエリック・フィシェルなども彼の影響を大いに受けています。
edward_hooper.jpg

 

経歴と画風
ニューヨーク州ナイアック(Nyack)に生まれる。商業美術の学校に進んだのち、ニューヨーク美術学校(New York School of Art)で絵画を学ぶ。アシュカン派(ごみ箱派、アッシュカン・スクール)の指導的画家であるロバート・ヘンライは同校の教師であり、アメリカン・ライフの写実的描写はその影響とされる。
1925年に制作された『線路脇の家』はホッパーの最初期の連作の一つで、その後の彼のスタイルを決定づけた作品である。都会の街路、オフィス、劇場、ガソリンスタンド、灯台、田舎家などアメリカ人には見慣れた都市や郊外の風景を、単純化された構図と色彩、大胆な明度対比、強調された輪郭線で描く彼の作品は今日のアメリカでも高い人気をもっている。
彼の代表作とされる『ナイト・ホークス』(1942年)は、ホッパーの画風をよく示している。窓越しに描かれた深夜営業のダイナーには3人の客と店員が1人。単純化された筆致のため人物の表情を読み取るのは難しいが、人の気配すら感じられない静寂な街路の描写も手伝って、憂いと孤独に満ちた作品となっている。
edward-hopper-house-by-railroad.jpg
tumblr_l7ir3lXfo41qa1sguo1_500.jpg
04hopp_CA2.600.jpg