2010-11-16

2010-11-16

AKBと写真家蜷川実花に関連して、今読んでいる四方田犬彦著「かわいい論」という本の中で紹介されている写真家で、いわゆる「キモカワイ」写真を撮っている写真家がいます。
私ははじめて知りましたが、そういえばどこかで写真は見たことあるかも・・・

 

ダイアン・アーバス(Diane Arbus, 1923年3月14日 - 1971年7月26日)は、アメリカの写真家。旧姓はネメロフ(Nemerov)。

 

ニューヨーク州ニューヨークにてユダヤ系の家庭に生まれる。1940年代から主としてファッション写真をこなし、18歳で結婚した夫アラン・アーバスとともに、「ヴォーグ」、「ハーパース・バザー」、「エスクァイア」などの雑誌で活躍。その後、フリークス(肉体的、精神的な障害者、肉体的、精神的に他者と著しく違いがある者、他者と著しく異なる嗜好を持つ者など)に惹かれ、次第に心のバランスを崩し、自殺。
diane-arbus-1966.jpg
diane_arbus_03.jpg
243883123_1257916692.jpg