キキ・スミス(Kiki Smith)

キキ・スミス(Kiki Smith)

ちょっと気持ち悪いということでは、トレイシー・エミンと共有する部分があるが、私はまだ生でキキ・スミスの作品を見たことがない。

 

彫刻家の父トニー・スミスと女優で歌手のジェーン・スミスの間に生まれたキキ・スミスはニュー・ジャージーで育ちました。一時期パン屋になる修業をしたり、人形劇団の人形を作ったりといった仕事が後の作品制作にプラスとなり、22歳のときにニューヨークに移り以降活動の場所になりました。1979年グレー著『人体解剖』(バスキアの愛読書でもあった)をもとに人体各部のドローイングを製作。人体に対する関心は深まり、85年にはブルックリン病院で緊急看護士の勉強をするほどだったそうです。1991年93年、ホイットニー・ビエンナーレ出品、93年ヴェニス・ビエンナーレに出品するなどジェンダー、身体性など時代のキー・ワードと合致する作品はますます評価が高まっています。(Amazonから引用)
1267780204-smith_hanging_woman-1.jpg
images-3.jpeg
images-2.jpeg
images-1.jpeg