デイヴィッド・サーレ(David Salle)

デイヴィッド・サーレ(David Salle)

デイヴィッド・サーレ

 

1952年 オクラホマ州に生まれる。
カリフォルニア美術研究所に学び、1975年以後ニューヨークを拠点に絵画作品を制作し続けている。1980年代に世界の現代美術界を席巻したネオ・エクスプレッショニズム(新表現主義)の代表作家として有名。その活動は絵画のみならず、写真や映画作品の制作など広範囲にわたっている。

 

23年前にニューヨーク近代美術館で大回顧展を見ました。
初期のデッサンのへたくそな作品から、中期の大作まで。
画面がきらきらしており、そこに複数のイメージを重ねただけの単純な表現なのですが、ものすごくインパクトがありました。
とても分かり易く、当時としてはイメージを複数同じ画面上に表現すること自体が新鮮でした。

 

今にして思えば、いわゆるニューペインティング(新表現主義)と一言でくくられてしまった作家達はその後の美術史に様々な影響を及ぼしたと思います。
彼らを経て、ジェフ・クーンズあり、村上隆あり、マシュー・バニーありと・・・・

 

david salle we back them up-787409.jpg
f07pcon1o.jpg
David Salle 4 .jpg
165806.jpg