ヘルマン・ニッチュ(Hermann Nitsch)

ヘルマン・ニッチュ(Hermann Nitsch)

どのような経緯でこの作家にたどり着いたのかわかりませんが、なぜか人気あるようですね。
私自身は生理的に受け付けない部分があるのですが、確かにこのような方向もありとは思いますが・・・・

 

説明はウィキペディアからまま引用します。

 

ヘルマン・ニッチュ(Hermann Nitsch、「ニッチ」「ニッチェ」とも。1938年8月29日 - )は、オーストリアの実験的なマルチメディアアーティスト。アクショニストまたはパフォーマンスアーティストと呼称される一方で、画家、作家、作曲家としても多方面で活動している。

 

 

1938年、ウィーン生まれ。1950年代後半、ニッチュは「The Wiener Graphische Lehr-und Versuchanstalt」においてグラフィックアートの教育を受けた。当初はアクション・ペインティングへの傾倒を見せたが、1960年代、動物の臓物や死骸や血を用いた、過激なパフォーマンスアートを始める。過激な身体加虐、自傷、性器損傷を伴うパフォーマンスを展開したギュンター・ブルス、オットー・ミュールとあわせて「ウィーンの三羽烏」と呼ばれ、この3人にルドルフ・シュヴァルツコグラーを加えた4名をウィーン・アクショニスト(ウィーン行動主義派、ウィーン・アクショニズム)と呼ぶ。彼らウィーン・アクショニストは共同作業を多く手がけ、ニッチュはその一人として、伝統的な芸術ジャンル外での活動を目指したが、その過激さゆえに度々投獄され、裁判沙汰となっている。
ニッチュはパフォーマンス中に、明るい赤や栗色、青白い灰色などのペイントを叩き付けた抽象絵画を作成。この色彩は身体の切断を象徴し、絵画作品としては制御された暴力という主題を表している。

 

さらに興味のある方はここに詳しく出てますので参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヘルマン・ニッチュ
でもこんなカルト教団の儀式みたいなことがアートとして認知されているんだから凄いな・・
HermanNitsch.jpg
norm-omt1998d-2.jpg