キスリング展

キスリング展

モイーズ・キスリング(1891-1953)は,ポーランドの古都クラクフに,ユダヤ人の仕立屋の息子として生まれました。クラクフの美術学校で学んだ後,1910年にパリに出て,ピカソやブラックと交友しました。やがてモディリアーニやパスキン,藤田嗣治らとも親交をむすび,いわゆる「エコール・ド・パリ」の画家の一人として活躍していきます。

 第一次世界大戦下ではフランスの義勇軍として参戦,負傷のため除隊しますが,軍功によりフランスへの帰化が認められました。第一次世界大戦後は着実に自己の様式を確立するとともに,主として女性や花をテーマに,華麗で透明感溢れる色彩で作品を描いていきます。それらは優雅でありながらどこか哀感が漂い,見る者を魅了しました。社交的で多くの芸術家からも愛された彼は,親友モディリアーニと並び,エコール・ド・パリの画家たちの象徴的存在でもありました。

 本展は,エコール・ド・パリの優れたコレクションでも知られる,スイス・ジュネーブのプティ・パレ美術館のコレクションを中心に,国内外の名品を加えた63点によりキスリングの全貌を紹介するものです。日本における15年ぶりの回顧展となります。

 

茨城県立美術館 サイト


 

ドライブが目的で水戸にある茨城県近代美術館に行ってきました。

キスリングはエコールド・パリの画家でありますし、図版では知ってますので、さほど期待しておらず、あくまでドライブのついでの感じで行ったのですが・・・・・

 

本物は良かったです。

絵が輝いておりました。

初期のものはセザンヌの影響を受けた静物画や、キュビズムっぽい作品が多かったのですが、30歳を過ぎたあたりからその作風が確立されてきて、当時『モンパルナスの女王』と呼ばれていたモデルのキキなどを書いた作品(赤いセーターと青いスカーフを纏ったモンパルナスのキキ)などは、その赤の美しさもさることながら、モデルの雰囲気なども何とも言えぬくらい良いです。

 

圧巻は『女優アルレッティの裸像』というヌード画ですが、キスリング自身が「僕はいつも自分のモデル立ちに恋いをしていた。ことアルレッティに関しては・・・僕は狂っていたかもしれない。」と語っているように、その美しさ、官能性とエロティシズムが画面全体を包み込み、作家の彼女への思い入れの強さを感じる美しい作品です。

 

どれも、図録ではその色の鮮やかさを再現できないので印象が全然良くないのですが、それでもこの2000円の図録は思わず買ってしまいました。

 

やはり良いものは良いですね。2年前、東京近代美術館でyっていた「ゴッホ展」もとても良かったし。

 

 

茨城県近代美術館