Chim↑Pom(チンポム)

Chim↑Pom(チンポム)

Chim↑Pom(チンポム)が結成から10年になるそうです。

 

6人組のお騒がせアート集団のChim↑Pom。
管理人は好きですから、度々このブログでも取り上げていますが、2011年の震災直後に被災地に跳び込んだり、福島第一原発近くの高台で、白旗に書いた日の丸を放射能マークに帰るイベントしたり、渋谷駅構内の岡本太郎の「明日の神話」の一部に福島原発の絵を付け足したり・・・・。

 

有名になった事件としては、広島原爆ドーム上空の空に「ピカッ」という文字を飛行機雲で描いたことです。

 

でも、デビュー作の「SUPER RAT」だって、渋谷で捕まえたネズミをゲームの人気キャラクターに仕立てた作品ですが、それだって考えたらあれだけの巨大化するということは原発事故による突然変異と捉えてもおかしくないですよね。ゴジラだって原爆の実験で誕生したわけだし。
sup.JPG
この作品のコンセプトは原発とは全く関係ないところから発生していますが、そのように見なおしてみるのもありかなと思えるわけです。

 

 

デビュー直後の2007年には、エリイの発案でこのような作品も発表してますし。
eiri.JPG
サンキューセレブプロジェクト「アイムボカン」(2007年)
(引用元:ChimPom ? 公式サイト)

「中学2年生のときにダイアナ妃が地雷撤去をしているシーンを見て私もやりたいと思ったのが制作のきっかけ」というエリィのアイディアから作品化。地雷回収後に、地雷を爆破させるカンボジア軍に頼んで私物のブランド物を一緒に爆破させました。また爆発後の作品は、オークションにかけられて、地雷の被害にあった少年たちの義足を買うお金などに寄付されました。