エリック・フィシェル

エリック・フィシェル

1948年ニューヨーク生まれのこの画家を知ってる人は多くないと思う。

でも、アメリカではエドワード・ホッパーと並んでかなりの有名人のはず。

 

1975年初個展を開いたこの画家は、ニューペインティングの作家として日本でも紹介されました。

 

エドワード・ホッパー的な雰囲気のその絵は何故かとても懐かしい感じがして、とても好きです。

 

でも、裸の子供や家族が遊んでる風景が多く、「フロイト的」だと言われる。

 

ホッパーのポルノ版のような絵と思って貰えればいい。

 

 

今、どうしてるのか分からないが、1987年マンハッタンのビルのパブリックスペースで、この巨大な絵を初めて見たときは衝撃でした。

何とも言い難い不思議な画だ。


だれも、まともには解説できないだろう。

 

1983年作のこの絵画は、274 X 198センチメートルもある巨大な絵ですよ。想像できます?

 

 

あるサイトの言葉をそのまま引用します。

新表現主義の一人としてかぞえられていますが、どちらかといえばアメリカン・シーンのエドワード・ホッパーと比較される存在。

 

そのペインタリーな画面は、いわゆる日本人好みのはずなのですが、今一つ知られていないのは、所蔵品が少ないせい? 
それとも日常生活や性のタブー視されがちな分野での題材のせいでしょうか?

 

私たちの意識や認識の枠を超えていこうとするアーティストなのですが…

 

今手元にある画集と、作家本人にインタビューした本をもう一度じっくり読んでいようと思う。