FOUJITA  藤田嗣治

FOUJITA  藤田嗣治

2015年11月14日より公開となる映画、日仏合作のオダギリジョー主演『FOUJITA』。
fujita.JPG
モディリアーニやピカソ、アンリ・ルソーらとも交流を深め、当時のフランス”エコール・ド・パリ”の寵児となった日本人画家・藤田嗣治の半生を描く映画だ。

 

藤田嗣治といえば、あの乳白色の裸婦画が有名です。
1920年代のパリで、一躍人気画家になるが、第2次世界大戦を機に日本に戻りその後数多くの戦争協力画を描くのですが、ヨーロッパでは藤田嗣治が戦争画を描いていたことはほとんど知られていないようです。

 

パリでの生活で日々「日本人」であることを意識していた藤田は、少しでも自国に貢献したいと考えていたのでしょう。精力的に与えられた戦争画という仕事に没頭します。藤田が描いた戦争画の傑作『アッツ島玉砕』はあまりにも有名です。
assi.JPG

 

 

しかし戦後、日本画壇は従軍画家の戦争責任を糾弾しはじめます。

 

ヨーロッパでの成功に対する嫉妬も重なり、戦争協力の中心人物として強い非難にさらされた藤田は、再度フランスへ渡りそこで帰化し、二度と日本の地を踏むことはありませんでした。

 

フランスに帰化後、カトリックの洗礼を受けてレオナール・フジタになり、フランス政府からはシュバリエ(ナイト)の称号を贈られます。

 

日本から追いやられた藤田の心情などがどこまで伝えているのかはわかりませんが、この映画はちょっと気になりますね。

 

 

現在、東京国立近代美術館で「藤田嗣治、全所蔵作品展示。」が開催中です。

 

映画と同時に所蔵作品を見ることで、日本を追われた藤田の思いを感じられればと思います。