ガブリエル・オロスコ

ガブリエル・オロスコ

東京都現代美術館で開催中のガブリエル・オロスコ展をみに行ってまいりました。

 

この展覧会は5/10までと長期間開催してますので、ぜひ足を運んでみるといいと思います。

 

ガブリエル・オロスコ(1962年メキシコ生)は、1990年代前半から現在まで国際的に活躍する現代美術を代表するアーティストの一人です。

 

今回東京都現代美術館には彼の代表作である、『La DS』2013年も展示されていました。

 

これは車体を3つの塊に分解し、その1/3を取り除いて接合されたもので、車としての機能性は取り除かれてしまいましたが、その車がかつて担っていた未来への幻想みたいなものを感じさせるのに成功していると思います。
2015-03-06 12.02.25.jpg

 

 

ガブリエル・オロスコは、日常の事物や事象n本の少し手を加えて事物を変容させたり、偶然の運動の痕跡を写真に収めたりすることで、見慣れた光景の印象を変え、ものと人との関係を刷新します。

 

 

4人同時にピンポンゲームを楽しめる奇妙な卓球台『ピン=ポンド・テーブル』1988年では、真ん中に池があり、勝負より遊戯を楽しむための場に卓球台を変容させてしまいます。
2015-03-06 12.04.41.jpg

 

 

また、私のほうでも今回NAVERまとめ で新たに1000人の世界のアーティストをまとめようと思ってます。
ガブリエル・オロスコもそちらのほうでも紹介してますので、覗いてやっててください。