高橋コレクション展  「ミラー・ニューロン」

高橋コレクション展  「ミラー・ニューロン」

日本の現代美術がここにある!

 

東京オペラシティ アートギャラリーで2015年4月18日[土]より6月28日[日]まで、 「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」が開催されます。

 

「高橋コレクション」は、精神科医・高橋龍太郎氏の収集による現代アートのコレクションであり、1990年代以降の日本のアートシーンを俯瞰できるコレクションとして、今までも何回と無く開催されてきました。
1990年代に収集を本格化させた高橋氏は、奈良美智、村上隆、会田誠など、現在日本を代表する作家の重要な作品を次々と収集することで、一躍現代アートのコレクターとして名を馳せました。

 

1990年以降の日本の現代美術の歴史といっても過言ではないコレクション。

 

今回、高橋氏が日本のアートと文化を考えるためのキーワードとして提案する「ミラー・ニューロン」。

 

このテーマの解説は、展覧会サイトTOPページにもあるので参照されるといいと思います。
http://www.operacity.jp/ag/exh175/

 

今回の展覧会で特に新しい作品は展示は無いかと思われますが、日本現代美術を理解する上で重要な作品ばかりなので、ぜひ観覧ください。

 

個人的に興味のあるのは、この作品群の中で菅木志雄や李禹煥などの「もの派」の作品がどう見えるか?コレクションする高橋氏の思惑とは別に、1980年代以前の歴史を作ってきた作品が1990年代以降の日本現代美術にどうつながっているのか?あるいは断ち切られているのか?
nara.JPG
奈良美智「深い深い水たまりU」1995 

 

 

[出品作家]
会田誠、青木陵子、青山悟、淺井裕介、荒木経惟、安藤正子、池田学、伊藤存、井上有一、榎倉康二、大岩オスカール、岡田謙三、小沢剛、小谷元彦、風間サチコ、樫木知子、加藤泉、加藤美佳、金坂健二、草間彌生、鴻池朋子、小林孝亘、小林正人、近藤亜樹、塩保朋子、菅木志雄、須田悦弘、関根伸夫、辰野登恵子、束芋、Chim↑Pom、中村一美、奈良美智、名和晃平、西尾康之、蜷川実花、橋本雅也、舟越桂、町田久美、松井えり菜、丸山直文、Mr.、宮永愛子、村上隆、村瀬恭子、森村泰昌、森山大道、やなぎみわ、ヤノベケンジ、山口晃、横尾忠則、李禹煥