ジュリアン・オピー GMO

ジュリアン・オピー GMO

渋谷セルリアンタワーにあるGMOギャラリーにて、ジュリアン・オピーの作品を見てきました。

 

ギャラリーといっても、普段は仕事や打ち合わせに使うGMOの列記しとしたオフィス。
CEOの熊谷正寿氏のコレクションを常時展示している打ち合わせスペースです。
2015年11月7,8日の2日間だけ限定で一般公開してます。
こんな機会は滅多にないので早速行ってきたわけです。
DSC_0302.JPG

 

約30点のオピーの作品が、整然と整理されたオフィスに展示されています。インターネット事業を営む会社にふさわしい、オピーのミニマルな作品はその無機質なオフィスに当たり前のように溶け込んで居ますが、それがインテリアでないことは一目見れば感じていただけると思います。
DSC_0322.JPG

 

オピーの作品も単純明快に、削ぎ落とされた線と形で構成されているため一見冷たく感じられるようですが、人物をテーマにしたその作品に使われる曲線がなんとも人間味を感じさせてくれホッとします。白い画面に太い黒い線で描かれただけの曲線は、白い無期資質な空間の中で見るとホッとします。
DSC_0304.JPG
アートってこんなところでも人に安らぎとか、希望を与えるんだと実感するような空間でした。
またオピーの作品には派手な色で構成されたものも多く、派手な色で構成された情勢の顔だけの作品とかでも、この白い空間にはマッチしてます。ポイーの作品を展示するためにこのオフィスを作ったのかどうかはわかりませんが、とりあえずこの展覧会のテーマである「オフィスとアートの新しい関係」と言うのは感じ取れました。

 

DSC_0312.JPG
熊谷正寿氏といえばインターネット創世期からその将来性に着目し、次々と
新しい事業を成功させてきた数少ないネットベンチャーの勝ち組です。
またシステム手帖マニアとしても知られておりその著書『一冊の手帳で夢は必ずかなう』などが有名なのでご存知の方は多いかと思います。

 

現在、オピーの作品を70点ほど所有しており、他にはダミアン・ハースとなどの作品も所有してるということです。

 

現代アートに若い頃から興味があったかどうかはわかりませんが、その鋭い感性と新しい物を見極めるアンテナは天性のものなのでしょう。
今後のコレクションも楽しみですね。