ペコちゃん展

ペコちゃん展

不二家のキャラクターでお馴染みの ペコちゃんをテーマにした「ペコちゃん展」が、平塚市美術館で開催されるみたいです。

 

ペコちゃんの誕生した1950年から60年以上にわたって愛され続けているキャラクターの「過去」と「現在」を紹介する展覧会。

 

ペコちゃんお人形やグッズの展示と同時に17名の現代アートの作家の作品が展示される模様。

 

なかでも個人的に気になるのが、小林孝亘氏の作品。
kobayashipeko.JPG
小林孝亘《Peko in the moonlit forest》2015年、油彩・カンヴァス

 

 

 

あと、初めてですが木原千春氏の作品が気なります。
kihara.JPG
木原千春 ペコ16歳。油彩 2015年

 

 

この平塚美術館というところは行ったことが無いのですが、案内を見ると東名高速厚木インターから結構ありそう。
JR東海道の平塚駅からも20分ということです。どうしよう・・・
神奈川方面の方はぜひお越しください。

 

 

【企画展】ペコちゃん展
2015 年7 月11 日(土) 〜 9 月13 日(日)

開館時間 9:30 〜 17:00(入場は16:30 まで)
       ※7月18日〜8月30日は18:00(入場は17:30まで)
休 館 日 月曜日( ただし7/20は開館)、7/21
観覧料金  一般800(640) 円、高大生500(400) 円、小中学生無料
       ※( ) 内は20 名以上の団体料金
       ※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
       ※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1 名は無料
       ※65 歳以上で平塚市民の方は無料、市外在住の方は団体割引
         (年齢・住所を確認できるものをご提示ください)

 

主  催  平塚市美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
特別協力  株式会社不二家
協   賛  ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網、神奈川中央交通株式会社
協   力  東京モード学園  

 

開催日数 56日

 

担  当  勝山滋(当館学芸員)