ロバート ロンゴ

ロバート ロンゴ

黒いスーツを着た男がのけぞって空中をさまよっているシーン。

白と黒で等身大くらいに写真のように描かれたドローイング。

アート,現代アート,現代美術
とても都会的な印象を与えながらも、都市に暮らす我々の不安や恐怖を感じる作品。

 

1980年初頭、突然現れたこの作家は、日本でも紹介されているので可成り有名です。

 

青山のスパイラルホールでは大規模な展覧会も催され、ファンになった人も多いかと思います。

 

モデルは当時の恋人や画商などの身近な人たちということです。

 

ロンゴは彼らをビルの屋上に連れて行き、テニスボールや石などを投げつけて苦悶する様子を撮影したそうです。

 

そして、この写真をスライドプロジェクターで投影して、木炭や黒鉛でドローイングしてます。

 

絵にするときには、よりインパクトのある表現にするため、上半身と下半身では別の写真を用いたり、髪やネクタイを激しく振り乱したりしました。

 

ネクタイは時に首吊りしているように見えることさえあります。

 

しかし、こんな一瞬の動きを用いて不安や恐怖を表現するなんて、目の付け所がいいですよね。

 

誰でもかけそうな手法を用いて、インパクトのある表現をする。

 

これ以降、ロンゴは様々な大作を作って行くわけですが、87年メトロピクチャーギャラリーの個展は凄かった。

 

最近ではその作品を見る機会もなくなってしまいましたが、どこかで見られるのならすぐにとんで行くんですが・・・