千住博

千住博

夏の軽井沢で、国道18号を走っていると見えてきたのが、千住博美術館。
senjyu.JPG

 

 

千住博はあの滝の絵で世界的に知られた芸術家だ。芸大の日本画家出身で千住三兄弟の他の二人は世界的にも名のしれた音楽家だ。

 

この千住博美術館の設計は、西沢立衛氏によるもの。

 

 

この美術館で、千住博の生の作品を見るまで、私は千住の事を誤解していた。

 

どうせ売り絵作家で世界的に有名になっただけ、あのイルカの絵で有名な クリスチャンラッセン程度かと思っていました。

 

ちなみにラッセンの絵をググっていたら、結構有名な国会議員とかも一緒に写真に収まってる画像が出てきた・・・。
アート界では嫌われているけど一般受けはいいんですね。

 

実は、ラッセンという存在事態がアート界に対してのアンチテーゼでもあるのですが・・。

 

キャプチャ.JPG

 

 

 

千住の話に戻しましょう。

 

1958年生まれの千住は芸大時代は注目されませんでした。30代になって単身ニューヨークに渡り、そこで彼の芸術観が確立されたようで、1995年のベネチアビエンナーレにおいて日本人初の絵画部門での名誉賞も受賞しました。それがこの「ウォーターフォール」という作品です。
senjyu01.JPG

 

 

 

その後の活躍は目覚ましいものがあります。

 

この美術館で見た彼の作品には、確かにちからづよさがありましたし、アートを難しく考える必要はないんだと気づかせてくれます。

 

滝の作品は確かに綺麗なのですが、それだけでなく何かが伝わってきます。

 

今まで、日本人なら目にしてきただろう風景をこのように表現した人がいるのだろうか?
それだけでもその着眼点の鋭さ、表現力に関心します。
ちなみに、滝以外の作品はいいとは思いませんでした。

 

千住博がどのような考えを持って、あこの作品を制作してるのかに興味もあり、彼の著書も買って読んでいるところです。
まぁ、少なくとクリスチャン・ラッセンとは違うんだろうと思います。

 

senjyu.JPG