少年アート  中村信夫

少年アート  中村信夫

今この本を読んでいる。

 

初版が1986年ですから、もう30年も前の本ですが。

 

 

著者がアートと関わることになる経緯を話しているのですが、高校卒業後、ロンドンに行って、ひょんな事から家具の学校に行くことになり、ロイヤル・カレッジ・オブ・アーツ(R・C・A)という大学に行くことになり、そこからアートの世界と関わる事になっていく経緯が書かれています。

 

ここの出身者には、デビッィト・ホックニーやロン・キタイ、リチャード・ハミルトンなどイギリスのポップ・アーティストがいます。

 

学校時代に日本では考えられないような考え方をきっちりするようになるところなどは、とても参考になります。

 

一部を引用しますが・・・・

 

『友人のジョン・ルーク・ビルモスが言ってたのですが、「アート・ワールドに生きるというのは、勝ち抜いて行くことなんだ。」と。
「ここの学生になった瞬間、お前は、アート・ワールドの渦中にいて、結局、外の世界で戦っているのと同じなんだ」と言われました。』

 

『美術史もサイエンスの歴史と同じで、70年代、80年代と様々な問題を抱えてきた、今我々が置かれている立場と、自分たちのクリエイトする場所、さらにストリートの知見を加えて、一番どこに研究が要されているのかを見極め、それ以上の子とをやったとき評価をえるのではないか。

 

歴史的裏付けのないエキセントリックな新しさは、ただユニークであるとか、流行の軸にそった微妙な差異であって、それはあくまで一過性の評価に過ぎない。
違ったものを出すくらい簡単なことはないんだ、とジョン・ルークは言う。

 

美術の枠内で、なおかつ新しいものは、死にもの狂いで、一生かけてやったところで、そうたやすくはつかめない。

 

ジョン・ルークは考古学をやった。トニー・クラッグは数学を学んだ。
そんな人間が、毎日毎日、長時間かけて、目隠しで床をさわったりするトレーニングを続けて、感覚を絶えず原点へと帰した上で作品を作っているのに、さっと美術館に入ってきた一般の人たちが、コレ良くない、コレは言い、なんてすぐ口にするけど、そんなところに我々の問題はないんだ、と彼は言う。

 

僕は、なるほどそういうことかと思いました。
美術についての哲学を生きることがこれほどの覚悟と訓練のたまもので、アート・ワールドがかくも厳しいものか。
すさまじいショックを受けまして、半年ほど、一切何も手がつけられなかった。
日記もパタッと止まって、怖くて行き先を失ったのです。
ジョン・ルークのような人間ばかりいる中で、自分がたまらなく恥ずかしかった。』

 

すざましいデスね。

 

まさに村上隆が『芸術企業論』で言ってることですね。

 

ロンドンでは学生時代からプロのアーティストという意識があるんですね。

 

覚悟が違います。日本の学校に足りないものは、まさにこういう意識ですよね。