高橋コレクション日比谷 オープン記念

高橋コレクション日比谷 オープン記念

 

今では取り壊されてしまった日比谷三井ビルディング。

 

その1Fにオープンしたコレクター高橋龍太郎氏のコレクションを展示するためのギャラリーがオープンしたのはだいぶ昔の話です。

 

オープン記念は草間彌生さんです。

 

高橋コレクションとしてあちこちで氏の展覧会は開催されてますので、有名になりましたが。

 

高橋氏のコレクションから30点ほどが展示されてました。

 

それも初期のものから最近のものまで満遍なく。

 

草間独特の水玉が全作品に使用され相変わらず狂気じみた作品群でした。

 

高橋氏が現代美術のコレクションを本格的に始めるきっかけになったのが、この草間詩の作品だそうです。

 

精神科医という職業も多少は関係あるのかもしれませんが、初期の作品には確かに狂気じみたものが感じられます。

 

併設されているナディフ日比谷にはさまざまな草間グッズがありましたが、インテリアグッズとしての草間ブランドは妙に親しみやすく、なじみのあるグッズになっていたのが妙に不思議でした。

 

特に、若い女性に評判です。

 

いち早くニューヨークに渡り、創作活動を続けていた草間彌生。

 

時代が彼女に追いついたということなんでしょうね。

 

そんな彼女は、80歳半ばを過ぎても精力的に作品を作り続けています。

 

いまが、彼女にとっても最高の時期かもしれません。

 

まだまだ90歳を過ぎても活躍されることを期待しています。