鳥居清長 展

鳥居清長 展

千葉市美術館を訪れた。

 

千葉市役所の建物の中にある美術館で、結構立派だった。

 

そこで開催されてるのは『鳥居清長』展

 

鳥居清長(とりい・きよなが/1752-1815)は、江戸時代、天明期(1781-89)を代表する浮世絵師です。

 

江戸名所を背景に描かれた長身ののびやかな美人像は、近代になって、天明のヴィーナスとも呼ばれ、喜多川歌麿とともに浮世絵美人画の絶頂期を形成しました。

 

その美人の遊歩するさまは、新興都市江戸の人々が心から江戸に愛着を感じ、誇りを持ちはじめた時代の、心地よく明るい気風を伝えてくれます。

 

天明のヴィーナスという事で少し期待したのですが、私にはその良さがよく分かりませんでした。

当時の売れっ子作家であることは認めますが・・・

求めてるモノが違うのでしょうか?

 

 

ミュージアム・ショップで買った赤瀬川源平の本に載っていた伊藤若冲に非常に興味を持ちました。

 

遅れてますか?今、ブームなんですよね、若冲。

若冲を特集していたブルータスも入手できないし。